top of page

木之下 拓海

M2

1692588353637_edited.jpg

​クレセントチューター、INTP-A

​とくせい:はやおき、きれいずき

Education

2022-present

Kwansei Gakuin University

2018-2022

Kwansei Gakuin 

University

Master course graduate student

Department of Chemistry, Graduate School of Science

(Assoc. Prof. Kei Murakami)

Undergraduate student

Department of Chemistry, Graduate School of Science

(Assoc. Prof. Kei Murakami)

B.S. degree: March 2022

Award

Publications

Presentations

(1) 関西学院大学大学院ベーツ特別支給奨学金奨学生

​(2) 第56回有機反応若手の会 ポスター賞受賞

​(3) 2023年度仁田記念賞

1. Jaehyun Jung, Takumi Kinoshita‡, Yuta Makihara‡, Yota Sakakibara, Kazuma Amaike, Kei Murakami, Kenichiro Itami (‡Equal contribution)

"Nickel/Photoredox-Catalyzed Decarboxylative Coupling of Aryl Bromides with N-protected Glycine as an Aminomethyl Source"

Synlett 2023. https://doi.org/10.1055/s-0041-1738444. 

2. Takumi Kinoshita, Yota Sakakibara, Kei Murakami

ChemRxiv 2023, DOI: 10.26434/chemrxiv-2023-bwm63

[International]

(1) ◯Takumi Kinoshita, Yota Sakakibara, Kei Murakami

「Switchable synthesis of ammonium salts via α-ammonio radical」

ISIRCE (International Symposium on Innovative Reactions through Controlling Electrons), Nara, November 23rd-24th, 2022 (poster)

(2) ◯Takumi Kinoshita, Yota Sakakibara, Kei Murakami

「Switchable synthesis of ammonium salts via α-ammonio radical」

PSRC-10 (10th Pacific Symposium on Radical Chemistry), Kyoto, June 4th-9th, 2023 (poster)

[Domestic]

(1) ◯木之下拓海、榊原陽太、村上慧

「α–アンモニオラジカルを鍵活性種とする新規第4級アンモニウム塩の合成」

日本化学会第102春季年会、オンライン、2022年3月25日(口頭A講演).

(2) ◯木之下拓海、榊原陽太、村上慧

「α–アンモニオラジカルを鍵活性種とする新規第4級アンモニウム塩の合成」

第56回有機反応若手の会、オンライン、2022年8月3-5日(ポスター).

(3) ◯木之下拓海、榊原陽太、村上慧

「α–アンモニオラジカルを鍵活性種とする新規第4級アンモニウム塩の合成」

第42回有機合成若手セミナー、オンライン、2022年8月10日(若手研究発表).

(4) ◯木之下拓海、榊原陽太、村上慧

「α–アンモニオラジカルを鍵活性種とする新規第4級アンモニウム塩の合成」

第12回CSJ化学フェスタ、タワーホール船堀、2022年10月18日(ポスター).

(5) ◯木之下拓海、榊原陽太、村上慧

「第3級アミンにおける窒素原子γ位の選択的官能基化」

第39回有機合成化学セミナー、淡路夢舞台国際会議場/グランドニッコー淡路、2023年9月21日(ポスター)

bottom of page